Skip to content

キャッシュレスセレブへ成り上がるには?その心得を説く【Road To Cashless Celeb】

Last updated on 2019年11月2日

日本では、2019年10月1日からの消費税10%への増税と共にキャッシュレス決済の普及を狙ったキャンペーンや取り組みが様々な場で行われており、一般人の間にも少しずつキャッシュレス決済が浸透してきている。

 

そこでこの記事では、少しでもキャッシュレス決済の恩恵を受け「少しづつキャッシュレスセレブに近づこう」と言う考えの元、

  • キャッシュレスセレブを目指す上での基本的心構え
  • キャッシュレスセレブを目指す上で気をつけるべき点

を考えて行く。




キャッシュレスセレブを目指す上での基本的心構え

wallet-908569_640

支払いは全てキャッシュレス決済

キャッシュレスセレブへと成り上がりたいのなら、まず日常の買い物における支払いは(どうしても現金で支払わなければならない場合を除き)全てキャッシュレス決済で行うべきである。

 

また、キャッシュレス決済を行う際の決済方法については特に決まりは無く

  • クレジットカード決済
  • デビットカード決済
  • QRコード決済
  • 電子マネー決済

など、どれでも構わない。

還元率や使い易さ併用性などを考慮し自分に合った物を使用すれば良いかと思う。

 

現金(小銭・お札)は持ち歩かない

日常では一応現金を持っていった方が良い場面もある。大事な場や遠出する場合などは、「もし現金しか扱えなかった場合」の保険として現金を持っておいても良い。

だが例えば、普段通い慣れている近所のお店でのちょっとした買い物の際はクレジットカードやスマホだけを持って外出し、少しずつ「現金(小銭・お札)を持たない」状態に慣らしていくのも良いかもしれない

小銭でパンパンになった財布を持ち歩かなくて良い

 

なんなら財布も持たない

「現金(小銭・お札)を持たなくて良い」と良い場合、財布に入れるようなものとしては

  • クレジットカード
  • 各種ポイントカード
  • 運転免許証などの本人確認用カード類
  • 保険証

など、大まかに言えば「カード類」が中心となる。

 

「カード類が持ち歩ければ良い」のなら、必ずしも財布を持ち歩く必要も無いカードだけならスマホカバーにだって入ってしまう。他にも代用できる物は多い。



キャッシュレスセレブを目指す上での注意点

shopping_and_visa-card

現金での支払いのみ取り扱い店舗の把握

キャッシュレスセレブを目指す者にとって、「支払い方法が現金のみの店舗」は大敵である。

キャッシュレス決済が浸透してきたとは言え、実際そのようなお店は存在する。

もし、現金を持っていない状態でそのようなお店しか辺りに見当たらなかったら困ってしまう。

 

新しく行くお店では「キャッシュレス決済対応店舗かどうか?」を確認

なので、新しく行くお店では入店する前に「キャッシュレス決済に対応しているのか?」をよく確認する事も大事になってくる。

また、キャッシュレス決済に対応していたとしても

  • クレジットカードのみ対応
  • QRコード決済のみ対応

と、言ったように限られた決済方法しか利用できないパターンもあるので、よく注意したい。




Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!